×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神津島 1日目
〜食の記録〜

2004/09/23
朝4時起き、7時集合で、竹芝桟橋を8時に集合。神津島には11時ちょっと前に到着。早いもんだ。
上は、神津島到着の写真。あんま様子わからないね。ココから、車で3分走って、すぐにダイビング講習開始。
ダイビング講習のため、まったく余裕なく、しばらく撮影開始。

NO. 1
DATE 2004/09/23
初日。
竹芝桟橋で、担当者より、チケットとレンタルを渡されて参加者のみで出航。まず、それにびっくり。
レンタルの中身は、レギュレーター、BCD、フィン、シュノーケル、ログブックなどなど。
これが重たい。自分が持ってきた二泊三日分の荷物だけでも、結構な重さ。合わせたら、担ぐのもやっと。
ダイビングは重たいスポーツなのだ。。。
竹島桟橋から伊豆七島へ出発する船は、虹、夢、愛の3つで、私たちが乗ったのは虹。船体が本当に七色でした。
船は、ホバークラフトなので、出港してしまえばほとんど揺れません。船は大島までノンストップで、私も爆睡。
大島過ぎると、搭乗者は半分以下。3席を一人で使い、目を閉じると、起こされる。
「もうついたよ。」
へっ?こんな深い眠りは、いつ以来だろうって言うくらい、一瞬にして深い眠りに。
到着後、少し、本当に少し、車で走って、ダイビングの準備開始。
ウェットスーツを着て、6kgのウエイトをつけ、BCDにタンク、レギュレーターを設置して、いざ、海へ。
重い、重すぎる。海にたどり着くまでに、5m位の下り坂が。。。これがきつい。
坂が終わると、岩場が。。。海に入る寸前、バランスを大きく崩しこける。。。。
先が思いやられる。。。。しかし、海に入ってしまえば、浮力でまったく重さを感じない。。。
海の中のほうが楽かも。そんなこんなで、ダイビングの講習が始まったのさ。。。
二日目に続く

写真は、急に飛んで、夕食。もう、講習でへとへと。へとへとの中、シャワー浴びて、ご飯。ご飯だと、元気になる現金な私。
左は、かんぱちの刺身。これが絶品。歯ごたえが違う。
私は、そこまで行けなかったけど、泳いでると、かんぱち見れるらしい。しかし、とったら、密漁になるのでだめだめよ。
これは、ちゃんとお店で食べました。
これ以外にも「たかべ」という高級魚の塩焼きをいただきました。
写真も撮ったのですが、早く食べたいという思いが先走り、大ぶれ。ココには出せません。。しかし、うまかった。
身がしっとりして、鮎とかに近い感じかな。うまかった。
やっぱ、漁師の島だけあって、魚うまいっす。

<左>これは、何でしょう?
<右>分かります?
餃子なのです。
直径20cmくらいの皿一面、ピザのようだが餃子なのです。右の写真ぶれてて分かりにくいね。
でも、餃子のあんが見えるでしょ?
しょうゆベースのピリカラソースがかかってて、これマジうまい。
神津島の特別名産というわけではなく、このお店のおかみさんが作った特製餃子なのです。
名前もちょっと珍しい餃子?みたいな名前でした。